冷静に判断しましょう

履歴書

通用するかどうかを考える

クリエイティブな仕事がしたかったり、多くの人を喜ばせたり、楽しませたりしたい場合は、ゲーム業界での仕事をおすすめします。色々なハードが販売されているため、開発するソフトの幅は広がっていますし、スマートフォンが普及したことによって、どこでもゲームを楽しんでもらえる環境が整っています。ゲーム業界で仕事をする場合は、就職する場合と転職する場合の2つから選ぶことになります。就職は少しずつ仕事を覚え、将来的に会社を背負う人材へと成長しなければなりません。一方で、ゲーム業界へ転職する場合は即戦力としての活躍を望んでいる会社が多いです。そのため、転職するかどうかは冷静に判断することが重要です。通用するかどうかを考え、期待よりも不安の方が大きいのであれば、まだ即戦力として活躍できるたけの実力やアイデアが不足しているので、まだ決断する時期ではないです。足りていない部分を補ったり、成長したりするためにはどうすべきか検討し、取り組みましょう。すると、徐々にゲーム業界で活躍できる人材へと近づけるため、転職の成功率は高くなります。ゲームのハードやソフトを制作する仕事ではなく、ゲーム会社の総務や経理といった事務や管理の部門を狙っている場合でも、転職であれば即戦力として働ける実力が求められます。むしろ、事務や管理の部門の方が転職者にとっては狭き門となる可能性があります。ですから、ゲーム業界への転職は熱意だけではなく、実力も兼ね備えている人材の方が転職しやすいです。

Copyright© 2018 英語を習得しておくと貿易職が有利!スキルを磨いていく All Rights Reserved.